人生とは道楽なり

アクセスカウンタ

zoom RSS 「釧路撮影旅行」 −さっそく寄り道! 25日(火) 後篇−

<<   作成日時 : 2011/02/06 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「卑しい(イヤしい)」という言葉があります。
近くに辞書がある方は
この「卑しい」という言葉の意味を
辞書で調べて頂ければ・・・と思います。
いくつか意味があるのですが
その中の1つに「下品」と
記されているのではないでしょうか。

そして、その「卑しい」という言葉の少し下に
『卑しん坊(いやしんぼう)』という言葉がありませんか?
意味は、俗語で「食いしん坊」という意味であります。
つまり。
食いしん坊は下品・・・となる訳ですよぉ。
では、それが具体的にどう言う事かを紹介していきましょう。

「釧路撮影旅行」の初日
2011年01月25日(火)後篇のスタートであります・・・。

新千歳空港到着後に「みどりの窓口」に行き
『釧路ー新千歳空港』間の「特急指定席の往復券」と
これから向かう「寄り道分の往復券」を購入しました。
では、どこへ寄り道したかと言いますと
苫小牧であります・・・。

ずいぶん以前の記事でありますが
2008年5月11日の記事で
「春の北海道 第4戦〜マルトマ食堂<北海道苫小牧市>」があります。


この記事の中でも書いておりますが
マルトマ食堂の名物と言えば「ホッキ」を使った料理であります。
ここにマルトマ食堂のHPのリンクを作っておきますので
興味のある方は本文をクリックして下さい。
そのHPの中で「ホッキ貝」に関する説明がありますよ。


前回、訪れた際は「煮魚の定食」に
ホッキの「刺身」と「フライ」を頂戴しております。
おりますが本文でも触れておりますが・・・
マルトマ食堂「一押しメニュー」ではありません。
この時、それを喰っておらんのですなぁ・・・。
「気分ではない・・・」とか書いてますよぉ。
バカだなぁ。

以来、そろそろ3年が経過しようと
しておるのですが
ずぅ〜っと気になっておりましてね。
後悔しておったのですよぉ。
なぜ、あの時、注文しなかったんだぁ・・・。
なぜ、喰わなかったんだぁ・・・。
何ていうかなぁ〜喉に刺さった「小骨」のように。
ずっと心に引っ掛かっておりましてね。

その後悔を消すため
小骨を取り除くために
苫小牧へと向かいました・・・。
黙々、つらつらと当たり前の様に書いておりますが
ただの『卑しん坊』であります・・・。

だから。
行きましょう、行きましょう。
苫小牧へ行きましょう。
釧路へ向かう前に。

まずはJR「新千歳空港駅」から
「南千歳駅」へ向かいます。
快速に乗車し、次の「南千歳駅」で下車。


画像
















そして。
「南千歳駅」を午前11時39分発の
苫小牧行き普通列車に乗車。


画像
















ちなみに「苫小牧行き」を待つ間に
ペットボトルのお茶1本を購入「¥150」。
「南千歳ー苫小牧」間はおよそ20分であります。
車窓はこんな感じ。






「苫小牧駅」到着前に席を立ち
荷物を担ぎ準備を整え
駅に到着、ドアが開いたら即ダッシュ。

自分では、ダッシュしているつもりだけど
『なんだ、あのヨタヨタしたオッサンは!?』
と、思われている可能性も有り。


画像
















画像
















しかし、気にせず!
改札を出て、苫小牧駅南口のバスターミナルへ。


画像
















午前12時ちょうど発の
錦西文化公園線の14番に乗車・・・。
ギリギリ何とか間に合いました。


画像
















そして10数分後に「卸売市場前」で下車しました。
運賃は「¥200」 。

見覚えのある幹線道路を少し歩き
苫小牧港に到着。


画像
















これまた見覚えのある卸売市場の建物へ。
無事に「マルトマ食堂」に到着であります。























画像
















画像
















お昼時なので大混雑かなと予想しておったのですが
そうでも無かったなぁ・・・すぐに座れちゃった。
満席ではあるけど、客の回転が早いから
店内も余裕な感じ。

さあさあ、頼みますよぉ。
この為に来たのですから。
喉の小骨ですよぉ。
大きな声で『ホッキカレー1つ』と・・・注文しましたよ。
そして、しばらくすると
ドド〜ンっと到着。
ホッキカレー「¥1000」。


画像
















マルトマ食堂を世に知らしめたメニューであり
一押しメニューと言えば
このホッキーカレーであります。
およそ3年越しの念願が叶いましたよぉ。
カレーのお供は「鱈のすまし汁」がサービスで。
コチラも美味でした。


画像
















火を通し、煮込む事で明らかに
ホッキの食感が変わっていますね。
「貝」というより「ホルモン」に近い。
「こてっちゃん」と表現した方がよく分かるかなぁ。


画像
















決して硬くて、噛み切れない事はありません。
噛むとホッキの味、貝の味がする。
そして甘い。
なるほど・・・カレーと合うね。
そのカレーも、少し辛めで美味しいです。
でもね・・・量が多すぎだなぁ。


画像
















ご飯も多いが、ホッキも多い。
多分、小食な方や女性ではツライのではないのでしょうか。
ちなみに僕はご飯を少し残してしまった・・・。
頑張ったんだけどね・・・。

¥1000の「味」かと聞かれたら、答えは「NO」。
¥1000の「量」かと聞かれたら、答えは「YES」。
だから僕は¥700ぐらいがいいんじゃないかと思います・・・マルトマさん。

何れにせよ、美味しく頂戴しました。
念願も叶い、小骨も取れました。
ご馳走様でした!


画像
















さあ。
あまりノンビリも出来ません。
再び、バスに乗って
苫小牧駅へと戻らなければなりません。


画像
















「卸売市場前」から
午前12時51分発の港町線・23番に乗車。
苫小牧港には1時間も滞在してないんだね・・・。


画像
















画像
















午後1時10分頃にJR苫小牧駅に到着。
行きと同じくバスの運賃は「¥200」。


画像
















画像
















午後1時25分「苫小牧駅」発の
小樽行き・普通列車に乗車し逆戻りであります。


画像
















午後1時45分「南千歳駅」に到着しました。


画像
















画像
















待合室で缶コーヒー1本と
ペットボトルのお茶1本、併せて「¥270」を購入。

2011年1月25日の記事
「やっと釧路へ」でも記しましたが

ダイヤが乱れており、予定の時間通りには
特急は発着しない様であります。


画像
















そして缶コーヒーを飲みながら
待つ事、1時間あまり・・・。


画像
















到着であります。
「札幌ー釧路」間を運行する『特急スーパーおおぞら』。


画像
















午後3時頃「南千歳駅」発の
『特急スーパーおおぞら7号』に乗車しました。
もちろん指定席。


画像
















画像















う〜ん快適♪
気がついたら爆睡しておりました。

すんなりいけば3時間半程の特急の旅ですが
この日は、ほぼ4時間近くかかり
この旅の目的地である「釧路」に
到着したのは午後6時半頃でしょうか。


画像
















画像
















ちなみに『特急スーパーおおぞら』の
ヘッドマークは電光表示で
ダンスする「二羽の丹頂鶴」であります。


画像















JR「釧路駅」到着後
この旅のベースキャンプとなる
ホテルまで徒歩にて移動。


画像
















2011年1月25日の記事
「釧路の夜はツルツル 」でも記しましたが

チェックイン、荷解きのあとに買出しへ。


画像
















数日分の飲み物などをマトメ買い。
そして、お昼に食べた「ホッキカレー」が響いており
夕食にカップ麺とオニギリをゲット。
占めて総額「¥850」
カップ麺とオニギリは、小腹がすき出した遅い時間に頂戴しました。


画像
















さあさあ、釧路に無事、到着。
この日は、このあと風呂に入り
さっさと寝たわけであります。
そして、いよいよ翌日から行動開始!
最初の目的地はどこか!
こんな旅でいいのか?
これでいいのだぁ!
2011年01月26日(水)前篇は
明日の夜・22時〜23時の間にアップします。
乞うご期待。

この後篇で使った金額は『¥2670』
そしてコレまでに使った総額『¥53330』。



見ないと死刑なのだぁ!
    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


画像
















画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
旅行に行かれてる風情の漂うムードがよく伝わってきます!!!
私は住んでるのがド田舎なんで〜
田舎な風景は見慣れてますが・・
やはり!!北海道ともなると!
独特の雰囲気ですね〜

マルトマ食堂のカレーは絶景ですねwww
それで1000円っすか!!??

小食の私には食いきれませんわ〜ww

いよいよ!本格的に北海道写真館の開始ですね♪
くにくに
2011/02/07 07:51
道楽者さん、こんばんわ〜〜〜!

どきどきハラハラ・・・
どう考えても10万円で北海道旅行なんて
無謀だと思ってますのよぉ・・・
Σ(・o・;) アッ
そっかぁ・・・
σ(=^‥^=) ミィはお土産にお金を使うタイプだから
旅行にお金が掛かるのかも???

実はですね・・・ホッキはいただい事がございませんのよぉ。
貝が苦手で、アサリは食べれますが他の貝さんは苦手で・・・
この頃やっと牡蠣とハマグリあたりなぞ、口に入れることが出来るようになりましたの・・・
北海道の江差の獲れたてのお魚を航空便で持ってきてもらっても、エビと蟹さんぐらいしか食べられずに、
ウニを見て泣き出す子供でしたの・・・
今考えると、勿体無いですわね!

だりだりさん共々、次の記事を楽しみにしてます〜〜〜♪
σ(=^‥^=) ミィが1番気になるのは、最終10万から幾ら位が残るかです``r(^^;)ポリポリ
だって、旅行に行きたいモードになってますもの♪
それも、予算10万で(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
りんちゃん
2011/02/07 20:43
>くにくにさん
こんばんは、くにくにさん。
関西だと「スギ」や「ヒノキ」「マツ」など
『針葉樹』がとても多いですね。
一方で北海道は「カバ」「ブナ」「ニレ」
といった広葉樹が多いため
「車窓の動画」を観て分るとおり
我々からは、ちょっと見慣れない風景に
見えるのだと思います。

マルトマ食堂はメジャーですね。
ほとんど観光客です。
でも手軽に海の幸も食べられますし
ウニ丼、イクラ丼もあります。
まぁ〜機会があれば是非。
良心的なお店です。

実は今回の写真は
あまり満足がいってないのですよぉ。
特に次回以降の写真ですが・・・。
甘くみてました。
何て言えばいいんだろう。
真夏の琵琶湖、ウィードジャングルを相手に
ロッドはML、ラインはナイロン、リグは常吉・・・
考えが甘すぎです。
いつも撮ってる「野鳥」とは違うという事を
思い知らされました。
まぁ〜これも勉強・経験です。
次に活かします。
道楽者
2011/02/07 23:19
>りんちゃん
こんばんは、りんちゃん。
1泊2日で北海道・札幌のホテル泊まり
札幌市内で美味しいものを食べて
翌日の札幌市内を観光し
夕方の便で帰宅・・・
なぁ〜んてコースならば、お土産つけても
2人で10万も掛からないと思います。
最近は、安いのですよぉ。

ホッキは「好き嫌い」があると思いますよ。
多分、りんちゃんはダメでしょうね。
結構、食べ応えアリアリです。

江差・・・いいですね。
以前、一度だけ函館を経由して訪ねた事があります。
静かな町で、かつてニシン漁が盛んだった頃の
網元の豪邸が何軒か残っていますね。
今ではニシンもほとんど捕れず
イカやウニ、アワビが有名です。
ちなみに僕は「ウニを山盛り」目の前に
出されると眼が潤み
口に入れると泣き出します。
いつでも泣きますので、遠慮なく試して下さい。
是非!
道楽者
2011/02/07 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「釧路撮影旅行」 −さっそく寄り道! 25日(火) 後篇− 人生とは道楽なり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる