人生とは道楽なり

アクセスカウンタ

zoom RSS 「釧路撮影旅行」 −さよなら釧路 1月29日(土)ー

<<   作成日時 : 2011/03/07 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長々と綴ってきました「釧路撮影旅行」も
いよいよ最終日を迎えました。
記録としては、もう1本「あとがき」を書いて
総括をしようと考えています。
ささっ、書いちゃいましよぉ。

2011年01月25日(火)から29日(土)までの期間
4泊5日で実施した「釧路撮影旅行」の
『完全な記録』の補完作業を始めましょう。
5日目の2011年01月29日(土)最終日であります。

この日は京都へ帰るだけの行程です。
あまり自由な行動は出来ません。
電車と飛行機の発着時間を中心に行動します。
午前7時半、起床して外を見ますと・・・


画像














ややっ!
超〜吹雪いています。
おおっ・・・このまま降り続ければ電車が遅れ
積雪で飛行機が飛ばないかも♪
おおっ・・・それは大変だぁ!
どうしよう♪
とりあえず、特急往復券の期限があるから
千歳まで戻って判断だなぁ・・・
なぁ〜んて朝飯食いながら考えている間に腫れちゃった。
京都へちゃんと帰れってコトでしょう。


画像
















午前9時過ぎにちょっと早いけど
ホテルをチェックアウトし、JR厚岸駅へ。


画像
















この厚岸駅は有人ですが、何とも趣がある駅です。
改札前の待合室には、「釧路行き」を待つ
僕とおばあさんのに2人だけ。
改札に目をやりますと、僕が子供の頃にあった「駅らしい風景」が残ります。
懐かしい。


画像
















今では当たり前のように「電光表示」だけど
こういう表示方法を見ると、ホッとするのは年のせいかなぁ。
アナログだけど、安心感があるね。


画像
















まずは釧路駅まで移動します。
運賃は「\900」。


画像
















午前9時49分発の釧路行。
定刻通りに出発進行であります。


画像















午前10時38分。
定刻通りに釧路駅に到着。


画像
















次に「釧路」から「千歳」へと向かう
『特急スーパーおおぞら』に乗車するのですが
午前11時29分発であります。
1時間近くありますね・・・その間に撮影したいモノが。


画像















冬季限定で釧網(せんもう)本線を走る『SL冬の湿原号』。
ここ釧路駅から標茶駅間で運行する蒸気機関車であります。
カッコイイ♪


画像













画像















僕が訪れた1月29日は『SL冬の湿原号』の運転開始日であります。
「釧路撮影旅行のまえがき」でも書きましたが
期間を29日に設定したのは、この『SL冬の湿原号』を観たかったから。



画像













画像















『SL冬の湿原号』は午前11時9分発。
僕は乗車しませんけど・・・。
いえね。昨年「釧路撮影旅行」を計画中には乗車する気でいたのですが
乗っちゃうと、この日は京都へ帰れなくなっちゃうのですよぉ。
標茶駅から折り返して釧路駅に戻ってくるのは午後3時10分・・・無理だなぁ。
だから断念、残念無念。


画像













画像















乗る事は出来ないけど、せめて「C」を撮影しておこうと言う魂胆であります。
『SL冬の湿原号』を牽引する機関車は「C11-207」号機。


画像













画像














「C」だから・・・動輪は3つ。
「11」だから・・・水と石炭を積むタンク機関車。
ちなみに機関車の後に炭水車をつなぐ機関車を「テンダー機関車」と言います。
「207」だから・・・「動輪が3つ」の「タンク機関車」で「207番目」に生産された車体という意味。
単なるプレートではなく、とても意味深く
そして蒸気機関車の歴史を垣間見る事が出来るプレートであります。
今日から貴方もSLマニア。


画像













画像















SLが好きな人は乗車するだろうし
走行風景を撮影したい人は、釧網本線の撮影ポイントで待機している頃でしょう。
だから、釧路駅のホームでマメに写真撮っているのは僕ぐらい。
あとはファミリーの記念撮影大会ですね。
30分ほどSLを撮影。
僕は千歳へと向かう特急に乗車しなければなりません。
釧路に来た時と同じ「特急スーパーおおぞら」。


画像














画像
















売店で缶コーヒー1本を購入。
「¥120」なりっと。
特急券と乗車券は、初日に往復券を買っているから問題無し。


画像
















午前11時29分。
定刻通り釧路駅を出発。
ありがとう、釧路。
楽しかった。
タンチョウヅルは確かに美しかった。
釧路湿原は素晴らしかった。
厚岸の牡蠣は美味かった。
そして釧路はイイとこだぁ。
また、必ず!





まず、簡単に帰りのルートを記しておきましょう。
「行き」と全く同じですね。来た道を戻る。
「特急スーパーおおぞら」は一路、札幌に向けて走ります。
僕は新千歳空港から飛行機に乗らなければなりませんから
「南千歳駅」で下車し、乗り換えて「新千歳空港駅」へ。
新千歳空港に到着予定時間は午後3時ごろ。
午後5時半に新千歳空港発の飛行機に乗り大阪国際空港(伊丹空港)へ。
大阪国際空港(伊丹空港)に到着するのは午後7時半ごろ。

これらのルートを「特急スーパーおおぞら」の中で
確認していたら、何か、嫌気が差してきましてね・・・。
ちょっと寄り道できないかなぁ・・・という思いが。
ウヒョ♪


画像
















このままスムーズに移動出来たとしたら
空港に到着し、飛行機が飛ぶまで2時間も待たなければなりません。
2時間はちょっとイヤだなぁ。
その無駄な2時間を有効利用することに・・・。


画像
















「特急スーパーおおぞら」は、ほぼ定刻通りに運行。
午後2時45分頃に「南千歳駅」に到着しました。
本来なら、乗り換えて新千歳空港に向かうのですが予定を変更。
昼飯を食べに千歳市内へ向かう事に。


画像
















「南千歳駅」から札幌行きの普通に乗車。
1駅乗り「千歳駅」で下車しました。


画像
















この時、大切な事を1つしなければなりません。
と言うのは、僕が持つ「乗車券」の精算です。
本行程の初日に、乗車券と特急券がセットになった
お得な「往復券」を購入しました。
その切符は「釧路」と「新千歳空港」間の往復切符です。
その精算をしなければなりません。
要は「損」をしたくない。
改札で駅員さんに事情を説明し、理解して頂き
精算と共に帰りの切符・・・つまり「千歳→新千歳空港」の切符も併せて購入。
追加で支払った運賃は「¥200」。
差額分があるから損は無しです。
ちょっと分かり難い事を書いていますが
普通に切符を買った場合、千歳→新千歳空港間の運賃340円が必要です。
僕は、往復券があるから、そんなに払わなくてもいいのであります。
その説明と精算であります。


画像
















千歳で降りたのには理由があります。
寄り道がてら「寿司」でも喰いに行こう作戦でありあます。
向かうJR千歳駅のすぐ側にある「ポスフール」。


画像
















この「ポスフール」の中にあるのが『廻転寿司とっぴ〜』
これまでに何度も行っていますね。
当blogに記録にあるだけで2回。
初めて行ったのは2006年の10月
「東日本出張シリーズ!第三弾は・・・回転寿司〜北海道・小樽市」

その次は翌年の2007年6月
「北海道三昧 そのBやっぱ寿司 〜北海道小樽市〜」

そして今回で3回目となりますね。


画像














画像
















このポスフール千歳店は
フランチャイズのようであります。
メニューは同じですがオリジナルな「お寿司」「ネタ」が少ないなぁ。
まぁ〜別に問題はありません。
ささっ、頂戴しましょう。
まずはコレから♪

サーモン3種(サーモン・ねぎサーモン・ジャンボ生サーモン)。
う〜ん♪
サーモンが、僕のお口の中でトロットロッ♪


画像
















筋子と上生うにのセット。
何て贅沢なぁ。
お口の中でプチプチッ&磯の香り♪


画像














画像
















本まぐろ赤身&中とろのセット。
おお・・・さらにトロットロッ・・・
頭がバカになっちゃうよぉ♪


画像
















函館名物 いかゴロ味噌
淡白な「いか」と「ワタと和えた味噌」のハ〜モニ〜
お口いっぱいに広がるよぉ〜
たまらんなぁ・・・コリャ。


画像
















炙りトロサーモン みそ味で
トロットロッのサーモンをサッと炙り、その上に甘めの味噌をトッピング。
口に入れるとね。
甘めの味噌の味がサッと広がり
次いでサーモンの風味が追いかけてきます。
でもね。
次の瞬間、もう有りませんよぉ。
お口の中にありません。
溶けて無くなっちゃうのぉ。
不思議だネェ〜。


画像
















そしてラスト、トドメの一撃。
特大一本穴子。
デカイだけではなく
全体がフワッフワッですよぉ。
お口に入れると、すぐに無くなっちゃう。
あれまぁ。
口に入れると溶けて無くなっちゃう。
あれまぁ。
特大なのに、すぐに無くなっちゃった。
あれまぁ♪


画像















以上で、ご馳走様でした!
とっても美味しゅうございました。
やはり「とっぴ〜」は外さないね。
お会計は「\1720」なりっと。


画像
















時刻は午後4時を過ぎた頃。
この後、千歳駅に戻り
新千歳空港へ向かって、飛行機に乗り大阪へ
そして京都へ帰る訳ですが・・・
本記事のページ容量がイッパイイッパイになりました。
もうこれ以上、書く事が出来ません。
ですから、続きは「あとがき」と併せて書きます。
それでいいのか?
仕方ないのだぁ・・・。

次回は帰路の続きと
この旅の総括を考えています。
「釧路撮影旅行 −あとがき−」は
明日の夜・22時〜23時の間にアップします。
乞うご期待。


見ないと死刑なのだぁ!
     ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「釧路撮影旅行」 −さよなら釧路 1月29日(土)ー 人生とは道楽なり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる