人生とは道楽なり

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖で冬鳥を探して

<<   作成日時 : 2012/01/12 18:48   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

晩秋の出来事であります。
琵琶湖へ冬鳥を探しに行きました。
遠く、対岸の長浜の街並みが霞む
いつもの新旭町周辺からスタート。


画像
















とある河川の近くにある樹で
「ピィ〜ヒャラ〜」を発見。
ツガイでしょうか?


画像
















しばらく観察していると1羽が突然飛び立ち
続いてもう1羽もそのままどこかへ消えてしまいました。
どうも僕はお邪魔のようですね。


画像















画像
















そのまま河川を下流へ琵琶湖方向に移動。
すると数多くのサギを発見。
こちらは「コサギ」。


画像
















そしてこちらは「アオサギ」。


画像
















さらに下流へと下り
琵琶湖の河口近くに移動すると
「コサギ」だらけ。


画像
















ゆっくり川の中を移動しながら
何かを探しております。


画像
















そして何かを発見すると・・・


画像
















画像
















上手に捕獲。


画像
















遡上する鮎を狙っているようです。
確かに川をよく見ると
ギラギラと鮎の魚体が光っています。
「コサギ」たちは、その鮎を狙っているのですね。


画像
















画像
















そして、鮎を狙うのは
「コサギ」だけではありません。


画像
















毎年、京都の鴨川にもやって来る
「ユリカモメ」であります。
この時には、まだ京都・鴨川には
飛来しておりませんでした。
こんなトコロで道草をしておったのですね。
よく見ますと、まだ冬羽になりきっておりません。


画像
















「ユリカモメ」たちが
どんな風に鮎を捕獲するかと言うと
それがなかなかダイナミックでして。
飛びながら、空中で鮎を探し
見つけると・・・


画像















画像
















スピードが早いうえに、動きがトリッキーだから
カメラの腕前がショボイ、僕ではちゃんと追いきれない。
「ユリカモメ」をセンターに収めたいのに・・・。


画像















画像
















そのまま水の中にダイブし
鮎を捕獲。
上手いもんだなぁ。


画像
















お腹がいっぱいになったら
浅瀬の日当たりの良い場所で毛づくろい。


画像
















この頃は、どこの川も鮎で溢れ
河口付近は鳥達で賑やかです。

少し北へ移動し、別の川を覘いて見ると
こちらには「チュウダイサギ」がいっぱい。


画像















画像
















そして岸辺に「ピィ〜ヒャラ〜」も発見。


画像















画像
















いつもの如く
湖西から湖東へと移動。
湖北町に着いた頃には日が陰り
風が強く、肌寒いと言うより
『冬』って感じ。


画像
















波立つ湖面には
多くのカモたちが浮いております。


画像
















1羽の「ピィ〜ヒャラ〜」が
一瞬、波間にアタック。


画像
















足にはウィードのみ。
獲物を外したようです。
一方で、沖のエリには
ギルを啄む「ピィ〜ヒャラ〜」が1羽。


画像
















大きく翼をひろげ
風に向かう。


画像
















こちらは電線で寒風に耐え、ジッと沖を見つめる。


画像
















そして、こちらは不審なオッサンに威嚇的な視線。


画像
















しばらく、いろんな「ピィ〜ヒャラ〜」と遊んでいたら
やっと本日のお目当てが飛来。


画像
















琵琶湖の冬の使者・コハクチョウ。
もちろんファミリー子連れで。


画像















画像
















日暮れが迫る中
コハクチョウは来ないなぁ・・・と諦め
帰ろうと思い
車へ移動し始めた時に飛来。
賑やかに鳴く声で気がつきました。
よかった、よかった、吉永小百合っと。


画像















画像
















響くコハクチョウの声
湖面を吹きすさぶ強い風
冬が北から近づいている事を
実感した日であります。

「ピィ〜ヒャラ〜」の声も
冷たい風に掻き消され
秋から冬へと
季節はうつりゆくのであります・・・。


画像
















さてさて。
11月の末のことであります。
仕事が落ち着き、年末という「嵐」を前に
貯まった代休を少し消化するために
連休をとりました。
そして、ある鳥を撮影したくて
旅に出かけたのであります。

昨年の冬。
もう、そろそろ1年が経過しようとしていますが
北海道の釧路へ「タンチョウヅル」を撮りに行きました。
そして、その同じ年・・・。
北のタンチョウヅルを撮ったのなら
南の『アレ』も撮らないと・・・
う〜ん道楽。

まだ完璧に写真の整理が終わっておりませんが
次回から、その旅を紹介しましょう。
しばし待たれい。
バイバイキ〜ンっと。


ぜひ、ポチッといってくださいな!
    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



画像















画像















画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
琵琶湖で冬鳥を探して 人生とは道楽なり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる