人生とは道楽なり

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿児島県出水市への旅 2011.11.19前篇

<<   作成日時 : 2012/01/16 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう、この旅から2ヶ月も経過したですね。
昨年の11月19日から21日の3日間、
2泊3日の日程で旅に出ました。

ちょうど仕事のキリがつき
年末モードに入る前の一休みのような時期で
土日を絡めて、連休としました。
今回の旅の目的地は
九州の鹿児島県であります・・・。

昨年の2月、北海道の釧路へ
念願のタンチョウヅルを撮影しに行きました。
素晴らしかった。
美しかった。
その時の完全な記録がありますので
お暇な方は本文をクリックして頂ければ
ご覧になれます。



その記事の中でも少し触れておりますが
北海道の釧路に見られる「タンチョウヅル」は『留鳥』で
釧路市や根室市など道東でしか見る事が出来ません。

一方で、鹿児島県では『渡鳥』として
数種類の鶴が、寒くなり、冬が近づくとロシア・中国などから飛来。
冬を越して、再び大陸へと帰っていきます。
つまり、日本で見られる鶴は「タンチョウヅル」だけではなく
鹿児島県へ行けば、他の鶴も見られるのであります。
まぁ〜突っ込まれないように記しておくと
山口県にも飛来するのですが、それは、またの機会に。

鹿児島県と言っても広いです。
僕の目的地は、鹿児島県の北西
熊本県水俣市と接する「出水市」であります・・・。
























2011年11月19日。
午前5時45分に自宅を出発。
タクシーで京都駅へ。

そして午前6時10分発の空港リムジンバスに乗り
午前7時ごろ大阪国際空港(伊丹空港)に到着であります。


画像
















ここまでにスケジュールは
難なくこなしていますが
実は問題が二つ。

1つは僕の体調。
前日から、お腹の具合が良くないのですよぉ。
自宅を出る前にトイレ。
伊丹空港に着いたらトイレ。
先に書いておきますが、鹿児島空港に着いたらトイレ・・・
と、お腹の具合が絶不調。
薬は、ちゃんと飲んでいるものの
お腹ピィーピィーですよぉ。

そして、もう1つの問題は天候。


画像
















先に答えを言いますが
無事に鹿児島へ着く事は出来ました。
航空会社の説明では天候によっては・・・
「引き返す」or「宮崎空港に着陸」という条件が付くフライトでして。
九州地方は荒れ模様であります。

そのため、旅の日程を変更する事に。
本当なら、鹿児島空港から出水市へ直行し
午後からツルの撮影をする予定でした。
ですが天候が悪いなら、撮影をあきらめて
最終日に予定していた「鹿児島県観光」を先行する事に。
その方が効率的と判断しました。
鶴の撮影を優先です。


画像
















大阪国際空港(伊丹空港)を予定より
約30分遅れの午前8時30分に離陸。
鹿児島空港に着陸したのは午前10時頃でした。
そして、鹿児島空港からはレンタカーであります。


画像
















今回の旅の移動手段は
関西と九州を結ぶ往復の飛行機
そして、このビッツ。
電車移動も考えたのですが時間と経費がかかり過ぎるため
レンタカーをチョイスしました。
ちなみに楽天で「飛行機」「レンタカー」「ホテル」をセットで
予約であります。
まぁ〜「宿泊できるホテルが制限される」と言う条件は
ありますが、これが意外とお安いですね。


画像
















鹿児島空港から車で南下。
まず向かったのは「桜島」であります。

これまでに何度も鹿児島県を訪れており
桜島も、それに比例した回数「見」てはおります。
そう。
「見」ただけ。
『行った』事はないのであります。

それは良くない。
道楽じゃない。
ならば、一度は行っとかないと。

鹿児島湾に沿って延びる国道220号線を
ひたすら南下であります。
























桜島へ行くには2つルートがあります。
1つは桜島の西・鹿児島市からフェリーを使って渡る方法。
これは観光の王道ですね。
そして、もう1つは上記の地図を
見て頂ければ分かると思いますが
桜島の東、地続きの垂水市から入る方法です。

僕のプランは、行きは「東」から。
帰りは「西」へ。

そして、休憩をとるため
垂水市の道の駅に到着でありますが・・・


画像
















う〜ん・・・
雨は止んだものの
お天気ドヨ〜ン。


画像
















もちろん桜島にも
雲がかかりドヨ〜ン。


画像
















何も見えないよぉ・・・。
場所は、違いますが
昔、撮った桜島の写真があります。


画像
















予定では、こういうイメージなのですが・・・
現実は、ドヨ〜ン・・・。


画像
















仕方ありません。
桜島へ向かいましょう。


画像
















桜島に入り、まず向かったのは
黒神町にある黒神中学校。
























ここに一度訪れて、自分の眼で
見てみたいと思っていた「物」が。


画像
















思っていたより大きな中学校です。
その横に目的の物があります。
おおっ。
看板があります。


画像
















鹿児島県の文化財にも指定されている「埋没鳥居」。


画像
















看板に記された説明文にある通り
大正の噴火で、鳥居が火山灰により
3メートル埋没。
その姿が今に残されているのであります。


画像
















随分以前から、存在は知っており
一度、自分の眼で見たかったのですよ。
ちなみにですが
鳥居があると言う事は・・・
奥に「腹五社神社」という神社があります。
埋没鳥居を越えて、道を進むと下記の写真。


画像
















左に見えるのは校舎で、右は確かグラウンドかな。
先にも記した黒神中学校の敷地を抜けて
行かなければなりません。
道を進むと本殿が見えてきます。


画像
















当初は、鳥居を掘り起こす予定でしたが
後世に、噴火の凄さを伝えるため
そのままにしたそうです。

とても立派な判断。
十分、後世に伝わっていますよぉ。


画像
















さあさあ、先を急ぎましょう。
桜島を反時計回りに移動。
次の目的地は桜島の西・桜島港であります。
対岸に見えるは鹿児島市内。


画像
















う〜ん。
相変わらずドヨ〜ン。


画像
















何も見えない・・・。
フェリーで鹿児島市内へ渡るのですが
少し時間に余裕があるので
桜島の事が学べる施設「桜島ビジターセンター」へ。


画像















画像
















桜島の噴火の歴史
地理的、地質的なことも学べます。


画像















画像
















気に入ったのは桜島のジオラマ。


画像
















桜島ビジターセンターのすぐ近くが桜島港。
乗船するフェリーはこちら。


画像
















おおっ。
二階建て構造です。


画像
















フェリーに乗船し車から降り
デッキに出たら何と青空が。


画像
















出航し、暫くして
桜島の方を見てみると・・・


画像
















う〜ん。
相変わらずドヨ〜ン。
結局、何も見る事は出来ませんでした。
ちなみにお天気が良ければ
鹿児島市から桜島を望むとこんな感じ。


画像
















さてさて。
桜島港から鹿児島港まで
およそ15分で到着。
時間は、そろそろ正午であります。
旅は、まだ始まったばかり。
桜島を後にし、鹿児島市内に入り
北上する事に。
午後からの出来事は後篇へと続くのであります・・・。


ぜひ、ポチッといってくださいな!
    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿児島県出水市への旅 2011.11.19前篇 人生とは道楽なり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる