爆釣!足して三桁はいったかな?~滋賀県野池

沖縄に続いて九州の南部
そして関東甲信越が梅雨明けしたようであります。
近畿地方の梅雨明けも、そう遠くはないでしょう。
先週より、ここ京都でもセミの声が聞こえる様になりましたが
例年に比べて、まだ声が小さいね。
本格的な「夏」のスタートと共に
山をも揺らすほどの大合唱が始まると期待しましょう。

さて。
先週の土曜日、7月11日。
久しぶりに釣行してまいりました。
6月は仕事で土日がつぶれたり用事で
釣行出来ず。
7月に入って、時間が出来たので
「浮きに出るかぁ・・・。」っと、思っていた矢先
『野池諜報部・滋賀担当』のナカジマ君から
「いい野池を見つけました!」
という素晴らしい報告がありましてね。
ナカジマ君の地道な諜報活動の賜物であります。
「おお~そいつは是非に!」と
飛んでいく事にしました。

前・後編に分けて釣行記を書こうかと思いましたが
久しぶりの釣行記なんで
「ふんだんな写真」と「大量の動画」
そして、無駄に長い文章で1つの記事を
書き綴ってみようと思うのであります。

では、7月11日の釣行記を。

今回向かったのは滋賀県内の野池。
野池諜報部・滋賀担当のナカジマ君と待ち合わせ
「いい野池」へ案内してもらいました。
現地到着後、アレコレ状況を教えてもらい
準備、午前6時前にエントリー。


画像

















山間に位置する野池で
少し濁りが入っております。
この濁りは、どうもデフォルトだそうで。
僕は「ポッパー」「グラブのテキサス」「カットテールのノーシンカー」の3本立てで時計周り。
ナカジマ君は「ワッキー」「セミ」の2本立てで反時計周り。
二人とも『虫パターン』前提の釣りであります。

水に入って思ったのが
濁りは、それほど気にならない。
そして水温もいい感じ。
先週まで降り続いた雨で、少し増水気味でありますが
野池の感じは決して悪くありません。
水もしっかり動いております。


画像

















ストラクチャーやシェードなどの岸際を
まずはポッパーで試し
次いでグラブかカットテールをキャストしていきます。
グラブとカットテールのどちらをキャストするかは
僕の気分で。

ポッパーでは乗り切らない。
でもバイトだらけ。
それも引ったくる様なバイト。
かなり魚影が濃く、高活性です。
グラブなんてキャストしたら水の中で
「奪い合い」の「かじり合い」ですよぉ。
全てフッキングしていたらキリがない。


画像















画像















画像















画像

















先に結果を言いますと
大小合わせて40尾以上は揚げております。
途中で数えるのと
写真を撮るのをヤメちゃった。
面倒だし、いっぱい「釣り」たかったので。

そして、本日のビッグワンも早々にゲット。





インレットに着いていた魚であります。
デカイのは、やはり環境のいい所に着いている。
グラブのテキサスで底近くをリトリーブしたらバイトしました。
あとは動画をご覧の通りでありますが・・・
写真がありません・・・。
バスを無事にピックアップ。
検寸台を準備し、カメラを手にした時
バスが大暴れし、そのままナチュラルリリース・・・。
正確なサイズは分かりませんが
検寸台にバスを乗せた、パッと見た感じ52センチ。
確実にランカーだったのに・・・。
久しぶりのランカーだったのに・・・。
まぁ~動画でお許しを。

離れて釣っているナカジマ君に、この事を報告しようと思ったら
なぜか、こっちに向かって来る。
ん?
おおっ!
そういや約束したね。
40UP以上の魚を釣ったら写真撮って
当blogに掲載するぞぉ~って。
確かに約束した。


画像

















ナカジマ君がデカイのを揚げた場所は
岬状になった水通しの良いエリア。
やはり環境のいい所であります。
ヒットルアーはメガバスのセミ
サイズは46センチ。
ナイスプロポーションだぁ。


画像

















撮影後、今度は二人そろって
そのまま時計回りに攻めて行く事に。
当初、下の動画を「オマケ動画」にしようかと
思ったのでありますが
何か「いつものパターン」なので
そのまま、時系列で紹介。





インレットのすぐ近くにある「立ち木」での1コマであります。
う~ん。
目の前でプッツリですよ。
動画内でも話しておりますが、見た感じ40UPの魚でした。


画像

















この後、小さいサイズばかりを揚げて
1週目を終了。
時間は午前9時頃。
一度、水から上がり休憩であります。
この時点で、ナカジマ君は40尾以上の釣果。
僕は10数尾・・・。
遺憾ね。

ナカジマ君は・・・
休憩のまま・・・睡眠。
で。
そのまま1周で終了。

僕は2周目をスタート。
時間は9時半過ぎ。
よし。
今度は「グラブのテキサス」と「カットテールのノーシンカー」の2本立てに変更。
先ほどと同じく時計回りで攻めていく事に。
全バイトを拾っていきましょう。
細かく丁寧に拾っていきましょう。
それじゃ~いきますよぉ。

画像



















画像




















画像















画像



















画像















画像

















20UPメインですが
何尾か30UPも混ざり
2周目は30尾以上を揚げて12時前に終了。
結果、僕は40尾以上。
ナカジマ君の釣果と合わせると
二人で三桁は揚げております。
ああー恐ろしい。
叩き過ぎたかも。

でも面白かった!
久しぶりに「面白い釣り」が出来たのであります。
数もサイズもバッチリだぁ。


画像

















この後、タックルを片付け
二人で昼食。
さて、午後の部をどうするか相談であります。
水が良く、水量が豊富な場所。
アレコレ相談の結果
僕に思い当たる場所が1箇所あり
そこへ移動であります。


画像

















場所は、詳しくは書きませんが
山の中にある野池でしてね。
まぁ~リザーバーと言った方が正確な場所であります。
久しぶりの釣行なので池の状況が全く分からず
ナカジマ君と二人で観察から始める事に。


画像

















野池の状態は
水はクリアだけど大きく減水。
水の中に目をやると、何やら小魚がいっぱい。
ギルやコイの稚魚がいっぱい。
そしてザリガニだらけ。
しかし、バスが見当たらない。
この野池にバスが居るのは確かであります。
でも見当たらない。
バスにしたら最高の環境だと思うんだけどなぁ・・・。


画像

















さぁ~どうしょう。
他の野池へ移動するにもアテが無いし
この野池に二人で浮いてみる事に。
僕は「トップ」と「グラブのテキサス」の2本立てで
午後4時前にエントリー。
ナカジマ君とは別々に探る事にしました。


画像

















いろんなトコを攻めてみたけど
ウンともスンとも言わねぇーやぁ。
全くの無反応。
でも。
どこでもギルが群れているんだぁ。





そして、異常なまでに大量のザリガニが
底を這っております。
こりゃ~
狙う対象を大きく変更だぁ。


画像















画像















画像















画像

















軽~く、20尾以上はゲット。
そしてダブルもあるよ!


画像

















ああ~疲れた・・・。
結果、バスは無しであります。
バスの稚魚は発見しましたけど。
野池諜報部・滋賀担当のナカジマ君の諜報活動によると
コバッチィのを1尾揚げたようで。


画像

















午後6時過ぎ、まだ明るいうちに
この日の釣行は終了となりました。
この野池は数年後が楽しみであります。
また、いずれリベンジ致しましょう。

ナカジマ君には、これからも「野池諜報部・滋賀担当」として
『より良い野池の発見』と『フロの操作・技術を研鑚』して頂きましょう。
前回、一緒に釣行した時より遥かにスキッピングが向上しておりました。
おじさん、驚いちゃったよ。
さらなるフィールドの開拓とゴミの収集をよろしくお願いします。

さてさて。
冒頭にも書きましたが
真夏が、もうそこまでお越しです。
今年も出来る限り、毎週釣行に出たいと考えております。
まだ場所は決めておりませんが
今週末もどこぞで浮きたいと思っております。
皆様方もより良き釣りを。
そして夏を楽しみましょう!
下部の「オマケ動画」もお忘れなく。


ぜひ、ポチッといってくださいな!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログへ


画像



















































































「オマケ動画」だよ。
    ↓




ザリガニだけに「シュリンプリ」・・・
イヤイヤ、知らんぷりはせず
ぜひ、ポチッと!
    ↓
にほんブログ村 釣りブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

ナカジマ
2009年07月15日 22:36
先日はお疲れ様でした(^^)
立ち木のところでのラインブレイクはかなりエキサイティングでしたね!
後日送っていいただいた写真ありがとうございましたm(__)m
今後も滋賀県の野池情報をがんばって収集します。
ちなみに・・・今日の夕まづめに、前回午前中に行った池で54あげました!また釣りに行きましょう(^^)
でわまた~
にーおー
2009年07月16日 08:12
ザリガニ釣り世界選手権Jr.の部で準優勝した
実績を持つ
野池諜報部・愛知知多エリア担当のにーおーです♂

緩急(大小)織り交ぜ 大漁おめでとうございます。

愛知知多エリアは完全に夏パターンでありまして
蝉が鳴き始めました。
夏パターンと言えば シェード・ストラクチャー
インレットの王道ポイントをイメージしますが
愛知知多エリアは 全くその通りです♂

数は釣れる(滋賀エリア程ではありません)様に
なりましたが
グッドサイズは中々釣れなくなりました。

魚を掛けた後、場が荒れると周りにいたバスは
DEEPに一旦逃げます。
DEEPに下がられると私のマシーンは魚探が
ありませんので 手探り足探りです。

私も道楽者さんは元より滋賀担当 ナカジマ氏とも
交流を深めたいのですが
滋賀エリアに一度呼んで下さいましん(≧▽≦)
道楽者
2009年07月16日 22:28
>ナカジマ君
こんばんはナカジマくん。
写真は「待ち受け」でも「壁紙」でも
ご自由にどうぞ!

僕も今回浮いた野池近辺を
近々、探索してみようかと思います。
あの辺りは超~久しぶりだから
もう一度、探索する価値ありです。
これからも諜報活動よろしくお願いします。
ゴミと安全への気づかいもよろしく!
道楽者
2009年07月16日 23:09
>にーおーさん
ザリガニ釣り世界選手権Jr.の部で準優勝という輝かしい実績を持ち、今では野池諜報部・愛知知多エリア担当のにーおーさん、こんばんは。

どこの野池も真夏モードに突入ですね。
フロの本領が発揮される季節であり
野池の質・アングラーの質が問われる厳しくも
楽しい季節の到来です。

いいですよぉ!
にーおーさんならば滋賀の野池案内しますよ。
滋賀エリアの諜報活動は進行中であり
僕自身も県内の6割~7割程しかまわっておりません。
途中で西播に浮気しちゃったので
今年から改めて再調査です。
にーおーさんとナカジマ君の都合次第で。
当blogの5月10日の記事・前半で紹介した野池なら
ナカジマ君のコメントにもあるように
ランカーも多く多人数でも浮きやすいですよ。
ちょっと「オフ企画」でも考えてみますね。
にーおー
2009年07月21日 15:44
こんにちは♂ 野池諜報部・愛知知多エリア担当の
にーおーです。
「オフ企画」是非宜しくお願い致します。

ちなみに私は8月1.2.8.9.22.23.29.30日OKです。
9月なら何時でも結構です。
10月なら何時でも結構です。
11月なら・・・・しつこいですね( ̄▽ ̄○)ゞ イヤ~

楽しみです♪ 
静岡アウトロー
2013年04月23日 09:40
こんにちわ。
4月の終わりに遠征に行くアウトローと申します。
滋賀県野池で検索していましたらこのBlogに行き着きました。
素晴らしい腕をお持ちでびっくりしました。40尾とはこちらではありえないことです。衝撃です。
そして、この野池に遠征してみたいと思いました。
大変恐縮かつ理不尽でいきなりの申し出で誠にご迷惑と思いますが、
野池の場所のヒントを頂けないでしょうか?
どの地方の野池が良いのでしょうか?
ご迷惑なのは十分承知しておりますがよろしくお願いします。
道楽者
2013年04月23日 21:49
>静岡アウトローさん
はじめまして、静岡アウトローさん。
また随分と古い記事ですね。
残念ながら場所の詳細を晒すわけにはいきません。
ごめんなさいね。
ご存知の通り、ネットでフィールドを晒すのは得策ではありません。それにここ数年、この野池がどうなっているのか分かりませんし、下手な事、無責任な事は言えません。

どうしても興味があるのでしたら、滋賀県の地図を購入し
一ヶ所、一ヶ所しらみつぶしにラン&ガンしてください。
それが本来の「野池の釣り」ですよ。
また、せっかく遠征するなら野池より、琵琶湖をメインに据えた方が確実ですよ。